ホーム > 歯のクリーニング&ケア

歯のクリーニング&ケア(予防・PMTC)

歯のクリーニング&ケア(予防・PMTC)

「歯の美しさ」にとって、「歯の健康」は何よりありがたい土台です。

予防歯科とは、歯が悪くなる前に予防治療を行うことです。ご自宅でのブラッシング、ケアが基本ですが、歯科医院でしかできない予防法もあります。つまり「虫歯や歯周病ではないのに歯医者に行く」ということになります。確かに、それは面倒なことかもしれません。しかし予防とは、そうしたささやかな手間が付きまとうものです。また、トータルで考えると治療費もぐっと抑えられます。

虫歯は治療で治すことが可能です。たとえ欠けてしまっても、詰め物やかぶせ物で補うことが可能です。しかし、いかに審美的に優れた治療法であっても、人工の歯は元の自然が持つ美しさにはかないません。
一番お手軽で、痛みも少ない予防歯科。それが後々のお口のトラブルを回避する大きな助けとなります。今一度、見直してみませんか。

スケーリング

専用の器具、「スケーラー」で歯石を取り除きます。
歯の表面には、その量は違えど誰でも歯石が付着しています。歯石は、歯垢(プラーク)が付着するのに適した土台となってしまい、それが虫歯や歯周病の原因となります。
歯石を取るということは、歯垢が付着する土台を取り除くということで、これが虫歯や歯周病の予防・改善になります。
歯石・歯垢は何度取り除いても、生活を続けているうちに再び付着し始めます。毎日のブラッシングに加え、届かないところは歯科医院で定期的にスケーリング治療を受けていただくことが大切です。

ルートプレーニング(別称「SRP」)

ルートプレーニングとは、簡単に言えばスケーリングが発展したものです。特に、歯周ポケットが深くなってしまっている方にはこの治療法をおすすめいたします。専用の器具を使い、スケーリングでは届かなかった歯石を取り除きます。

※歯周ポケットとは
歯と歯肉は本来ぴったりと密着しているものですが、その間に入り込んだ細菌が炎症を起こすと、歯と歯肉の間に溝ができ、次第にその溝が大きくなります。この「溝」は歯周ポケットと呼ばれます。歯周ポケットが深くなると、次のような症状が現れます。

汚れが溜まる
歯周ポケットが深くなるということは、その場所が正しくケアされていなかった、ということです。
歯周ポケットができる→ポケットに細菌が溜まる→(正しいケアを行わなければ)炎症が起き、さらに歯周ポケットが深くなる
こういった悪循環が起きてしまいます。適切なお口のケアをして、改善しましょう。

腫れる
腫れを生じると、歯を支えている骨が溶け始めます。悪化すれば、歯が抜けてしまうこともあります。

水分がしみる
歯周ポケットが深くなることで現れた歯の根は、本来歯肉に密着しているため敏感です。

口臭が強くなる
歯周ポケット内部に溜まった細菌は、口臭の原因となります。

PMTC

歯と歯の間、もしくは歯と歯肉の間は、ご自宅でのブラッシングのみではきれいに落としきることができません。PMTCは、特殊な器具を使用し、歯間や歯周ポケット内の細菌をきれいにします。虫歯予防や歯周病予防につながります。
さらに、舌で触ると実感していただけると思いますが、歯の表面がつるつるになり非常に爽快感があります。ご自宅での歯磨きの、ワンランク上のケアです。

フッ素塗布

フッ素塗布

高濃度のフッ素を歯に直接塗布します。虫歯の予防に効果的です。

アクセス


大きな地図で見る

所在地
〒559-0034
大阪市住之江区南港北1丁目17-19ベイサイドシティコスモスクエア駅前301
最寄り駅
地下鉄中央線コスモスクエア駅から徒歩2分
駐車場

電話番号
06-7493-0827
診療時間
(平日)
9:30~13:00/14:30~19:30
(土曜)
9:30~13:00/14:30~17:30
休診日
日曜、祝祭日
※火曜日は臨時休診あり

お問い合わせ 詳しくはこちら